健康食品の開発過程

健康食品の場合、開発プロセスをたどることはまずない。食品である以上、効能効果を表示することもできない。この表示規定の例外として、厚生労働省の特定保健用食品などがある。略称で「トクホ」とよばれることの多い特定保健用食品は、人を対象にした試験データを提出し、その結果がみとめられると、一定の健康強調表示が許される。たとえば、血圧低下作用がみとめられた食品には「血圧が高めの方に」という表示などが許可される。医薬品もそうだが、健康食品の場合でも、効く・効かないという判断の鍵をにぎるのは、人を対象にした摂取試験である。試験管内や動物対象の試験結果が、その物質の有望さをいかにしめしていようと、人で効かなければ意味がないからである。人を対象にした試験のやり方はいろいろある。社員からボランティアを募って実施する小規模な社内テストから、大学病院などの協力を得て、専門学会での学術発表も念頭におきながら取り組む、大規模な比較試験もある。一方、「いわゆる健康食品」による健康被害事例も多く挙がっているので、厚生労働省HPで確認しましょう。

[関連情報]
サントリーの健康食品・化粧品
http://www.suntory-kenko.com/
健康食品の詳細とは

額の美容整形

額の美容整形は、目や鼻の手術と比べ念頭にのぼる事もない人も多いですが、額を出すヘアスタイルにした時、急にコンプレックスに思う人はいるものです。手術はシリコンプレート、医療用セメントのメチルメタクリレート、人工骨であるハイドロキシアパタイトを入れます。ヒアルロン酸などの注入という方法もありますが、面作りで不利でいずれ大半は分解しますから、根本治療は手術と言えます。額シリコンプレートは傷の禿げ、シリコンの縁の目立ち。鎖骨セメントメチルメタクリレートは、耳上〜頭頂部〜耳上の禿げ、セメントが異物である不安があります。その点ハイドロキシアパタイトの手術は利点が多いものです。ハイドロキシアパタイトとは、セメントと似て異なるもので人間の骨の成分と同じものです。これは粉と溶解液を混ぜ合わせるとしだいに硬化し骨様になってきますが、その際に発熱はみません。そのため皮膚切開は注入管が入る程度で済みます。その小さな切開から骨膜の下で剥離しアパタイトを注入し、硬化するまで手のひらでモデリングするのです。ハイドロキシアパタイトは人間の骨と同じ成分なので生体内に入っても異常な反応を見ず、額の骨と一体化する形でずっと存在することになります。将来的な問題点は特にありません。

何かがエステティックサロンにはある

サロンの中では洋服を脱ぐのと同じように、心の覆いも脱いでしまうことができるような気がします。裸になっているのですから、立場も、地位も、名誉も関係ありません。どんなに地位のあるお客様達も、一人の人間としてエステティシャンに話をされます。フランスなどではイライラしている人に「あなた、心療内科かエステティックサロンに行きなさい」と言うそうです。エステティックサロンは心療内科と同じように心を軽くしてくれるところだと考えられているようです。「マッサージをしてもらう」や「きれいにしてもらう」などという場所は、美容室や形成外科、治療院など色々あります。その中で、お客様は、何故エステティックサロンにいらっしゃるのでしょうか。それは他の場所とは違う何かがエステティックサロンにはあるからなのです。

脂肪吸引は美容整形による痩身の代名詞

1984年には、症例は5000例を超えるようになり、世界各地で講習会が行われて、短期間で広まっていきました。と同時にその方法も改良され、イロウズの考案したウェットメソッドと、それ以前からあったドライメソッドの両方の利点を応用した方法が登場して、主流となっていきます。現在、日本で行われている脂肪吸引の方法は、ほとんどこのドライメソッドとウェットメソッドの中間にあたるものです。このようにして徐々に今の形に移行していき、それとともにわずか十数年で、脂肪吸引は美容整形による痩身の代名詞のようになり、一般的に知られるようになっていったのです。今や脂肪吸引手術は美容整形の手術の中でも一番を争うほどの人気の手術なのです。
脂肪吸引キャンペーン情報はコチラ